© 2007 シンノスケ. All rights reserved.

札幌・小樽紀行(積丹・神威岬編)

2007/09/22(土)

■神威岩 (神威岬の先端から) ここ神威岬は、明治時代までの間、「女人禁制の地」とされていた。女人が足を踏み入れると神々(カムイ)の怒りにふれて海が荒れ、漁や船の往来に影響するとされていたのである。  
※Nikon D80

■神威岬 入り口 女人禁制の地であり、女人はココより先に足をふみいれてはならぬとされていた。 岬の先端までは歩いて30分程度だろうか。 吹きさらしの断崖絶壁もあるので、濃霧や強風時には閉鎖される。 冬季はどうなのだろう? 凍結したら危険だろうから、やはり閉鎖か。。。。
▲神威岬

畝のようにつづく道を歩き、岬の先端をめざす。 岬先端まで到達できた者だけが「神威岩」をみることができるのだ。


▲神威岬から


▲神威岬


▲神威岬灯台

神威岬をあとにして、帰路、積丹岬へも立ち寄ってみた。


▲日本の渚100選「島武意海岸」 (積丹岬)

 

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*