© 2007 シンノスケ. All rights reserved.

札幌・小樽紀行(小樽編)

2007/09/21(金)

札幌をあとにして小樽へ移動。
札樽道路で1時間もかからず、小樽到着。


▲小樽 北一硝子三号館「北一ホール」のカフェ

■北一硝子三号館「北一ホール」のカフェ

倉庫を改装利用したカフェには 167個のランプが灯されていて幻想的な空間となっている。
まったりとするのもいいし、時折行われるピアノの生演奏に耳を傾けるのもよい。
ちょうど演奏をやっていて、しばしの間のピアノ演奏鑑賞である。少々賑やかではあったがココロ癒される空間である。
ちなみに、置かれているピアノは、あの「STEINWAY&SONS」である。

▼北一ホール カフェ


▲北一ホール カフェ

カフェをでて、街中散策。
小樽が貿易やニシン漁で繁栄していたのは大正時代だろうか、当時の建物をそのままに保って街造りがおこなわれている。地域の方々の努力には、頭の下がる思いである。

▼大正硝子館

▼大正硝子館 店内の様子

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*