© 2004 シンノスケ. All rights reserved.

鐘楼と繊維ホール (Gent)

2004/06/04

■鐘楼と繊維ホール
Belfort & Lakenhalle
鐘楼は、聖バーフ大聖堂、聖ニコラス教会とならんで、ゲントを代表する塔のひとつである。 13世紀ごろにギルドによって建てられたもの。 6階建てで、高さは91メートルある。 鐘楼にはエレベーターで昇ることができ、美しいゲントの街を一望し、はるか遠くのスヘルデ川、レイエ川、リヴェ川が合流するさまも眺めることができる。 16世紀には、カリヨンが取り付けられ、400年を経た現在でも美しい音色を響かせている。
鐘楼の東隣には、15世紀に建てられた
繊維ホール(ラシャ取引所)Lakenhalleがある。

▼鐘楼と繊維ホール

▼鐘楼。その奥に見えるは、聖バーフ大聖堂

▼突塔の先には、金箔を施したゲントを守護するドラゴンの像が輝いている。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください