© 2000 シンノスケ. All rights reserved.

The Empire State Building

The Empire State Building
2000/06/10

渡米してきてもう1年と3カ月、NYCにも何度となく足を運んでいるというのに、未だEmpire Stateには昇っていなかった。下から眺めていただけ。だっていつも混んでいるのだもの。「待ち時間1時間以上」などと見ると、いつも「また次の機会に・・・」とあきらめていた。
で、今回初めて昇ったのだ。チケットには2種類あり、展望台とスターツアーズのようなシミュレーションの2つを含んだものが$17。展望台だけだと$8。シュミレーションには興味が無かったので、展望台だけのチケットを購入。
チケット売り場はB1Fで、買うまでに約30分待ち。購入後エスカレーターで2Fへあがって、2Fから第1展望台(80F)直通のエレベーターにて展望台へ。エレベータに乗るまで約5分待ち。このエレベータは、一見古い割に、上昇は結構速い。(ChicagoのSears Towerよりは遅いけど)
80Fに昇ると、窓から外が見えるようになっているフロアで、屋外に出れる第2展望台(86F)に行くためのエレベータの待ち行列がある。このフロアの窓、全開ではないものの、ちゃんと開くようになっているのだよね。これには驚いた。ビル自体が戦前(それも大恐慌の頃)に造られたものなので、こういった窓になっているのだろう。ところどころの窓は開いていて、風が入ってくる。結構気持ちがよい。

この写真は、このフロアから見たクライスラービル。

窓から外を眺めながら行列が進んでいく。待つこと約15分程度なのだが、外を眺めているので待ち時間はそんなに苦ではない。で、やっとのことで第2展望台(86F)行きのエレベーターに乗って、いよいよ屋外展望台へ。

Empire State Building


86Fに昇ると、すぐに屋外への出入り口がある。

ワクワクしながら外に出ると、Manhattanを一望する景色が広がる。

ビルの高さ的には、アメリカ国内では、ChicagoのSears Tower、同じManhattanのWorld Trade Centerについで3番目となるものの、屋外に出れる高さとしては最高。

映画「めぐり逢えたら」で、メグ・ライアンとトム・ハンクスが待ち合わせたのはこの場所。

写真は、Down Town方向。遠くに見えるTwin TowerがWorld Trade Center。

右はHudson川。川の先の方にかすかに見える2つの島が、手前からエリス島、奥がリバティ島。

写真ではわかりにくいのだが、リバティ島には自由の女神がかすかに見える。


下を見下ろしてみた。

一応フェンスは張られているものの、マスが大きいので、フェンスからカメラを出すことはできる。

カメラを落とさないように・・とドキドキしたのだが、1~2F下が一段広がっているので、一番下まで落ちるということはないだろう。

写真ではイマイチその雰囲気が伝わらないけど、高所恐怖症の人はフェンスにすら近づけないでしょう。

周りにいたアメリカ人も、何人かは
「Oh My God!! very Scare!」
と叫んでいた。

中央に見えるショートケーキのような形をしているのが、Flat Iron Building。

5AvとBroadway Aveの交わるところ、23St付近。

右下から左上に斜めにのびる道がBroadway。

真中下から右上にのびる道が5Av。

この5Avを中心に、Manhattanは西と東にわかれる。

また、Manhattan内を斜めに横切ってDown
TownにのびるBroadwayは、初めてManhattanに入植したオランダ人のコロニー(今のDown
Town付近)に原住民が交易のために通った道の名残りだとか。原住民は、このBroadwayの経路を通って砦壁(Wall)を越えてオランダ人と交易
していた・・・・らしい(受け売り・・)。

このWallがあった場所が現在のWall Streetで、Holland Tunnelの「HOLLAND」はオランダのこと。
New Yorkは、もともとはNew Amsterdamという名前だったのだが、イギリスの侵攻をうけて占領された際にNew Yorkと改名された。
アメリカの歴史は日本に比べたら薄っぺらなものだけど、こうやって歴史を知りながら見てみるとおもしろい・・・かもしれない。


話はEmpire State Bldgに戻って、地上を見下ろすことをやめ上を見上げてみた。これがEmpire State Bldgのてっぺん。


▲Hudson川を挟んでNJ側を見る。
この写真の真中あたりの川底がLincoln Tunnelとなる。
Manhattanの対岸、NJ州のこのHudson川沿いは、高級住宅地で、高層アパートが立ち並ぶ。
Manhattanの夜景を一望できるこの住宅地は、日本からの駐在員とかが多く住んでいるらしい。

以前見かけた広告では、1LDK(約80平米程度)で$1800だったと思う(1ベッドルームだよ)。東京都内と同じかそれ以上・・・。広さを考えたら安いのかもしれないが・・。


▲80Fでは窓越しにみたクライスラービル。
このビル、突端の部分はステンレスで、昼間は太陽光が反射してキラキラと輝いているし、夜は夜でイルミネーションがキレイ。


▲Up Town方向。
中央付近がRockefellar Center。
ビル群の向こうにポッカリ空いている空間が、セントラルパーク。


▲Queens(北東)方向。
クライスラービルはすぐわかると思う。
中央付近、ちょっと霞んでいるけどシティーコープビルも見える。(テッペンを斜めにカットしたようなビル)
思っていたより眺めがいいので、今度は、ぜひ夜に夜景を観に来ようと思う。

One Trackback

  1. By Empire State Building 20 4月 ’14 at 12:03 PM

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください