© 2000 シンノスケ. All rights reserved.

Niagara Falls in Winter 再び (つづき)

■2000年1月16日

一夜明けて、今日はあいにくの曇り空・・・・というより、雪雲。
ホテルをチェックアウトして外に出ると、案の定、雪が降ったり止んだりのハッキリしない天気。

「Canadian horseshoe」
▲Olympus C2000Z シャッター速度優先モード:1/800


「Canadian horseshoe」

Olympus C2000Z シャッター速度優先モード:1/800


「Journy Behind the Falls」
Canadian horseshoeの裏側。
Olympus C2000Z シャッター速度優先モード:1/800



「Rainbow Bridge」

カナダ側から、徒歩でUSAとの国境へ。
島国で育った私達には、こういた国境はどうも実感がわかない・・・・。


ともかく、橋の向こう側はUSA。
国境線だけを見に行く人(途中で引き返す人)であっても、パスポートは必ず必要です。


利用者の増加に対応するためなのだろう。アメリカ側の入出国ゲートはきれいに整備されていた。

同様の規模とデザインで、カナダ側も工事中である。


「Rainbow Bridge」

このゲートの向こう側(カナダ側)から徒歩で来たのだが、ゲートは通行料として50¢かかる。
CA$でも50¢、US$でも50¢。

ゲートを通ってきて、カナダに戻る際には右側の通路から。国境なのだから、例え歩行者と言えど入国審査があるのだ。

そうそう、カナダの通貨は、もちろんCA$なのだが、NiagaraやTronto等はUS$でOK。
Niagaraは、US$で払えばUS$でお釣りがくる。観光客の少ない小さなお店等は、CA$に換算してCA$でお釣りがくる。
私は、CA$は全く持っていかない。CA$を使うとすれば小銭が必要なとき(駐車メーターや自販機等)だけ。


「Rainbow Bridge」

USA側からカナダ側を見る。
橋の向こう側はカナダ。

天候は・・・・見ての通り、吹雪いています。
ほんの数分前(上のゲートの写真)までは雪は止んでいたのに。

挙句、橋の上は吹きさらしなので、橋を渡りきるまでがすごく長く感じられる・・・・。


「Rainbow Bridge」

USAとカナダの国境線。
左上の方に、日本語で落書きがしてある。

「けんじ キョーコ」
&
「ともひろ さとみ」

観光地ではこの手の落書きが後をたたない。こまったチャンは万国共通であるようだ。

心当たりのある人、恥ずかしいからやめてちょうだい。

1泊2日の短期だったが、冬季は「Made of the mist(霧の乙女号)」等は閉鎖。
USA側のGhoto Islandも滝横の展望台は閉鎖。アメリカ滝を下を歩けるCurveも閉鎖。
・・・・・・・なので、ま、1泊2日あればほとんどまわれる。

NYの友人らは、満足したのだろうか?? Niagaraに来たのなら、船に乗ってカナダ滝を下からみないと、その雄大さはイマイチわからない・・・・と思うのだが。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください