© 1999 シンノスケ. All rights reserved.

Yellowstone National Park #1

■1999/09/04(土)

仕事を終えて、空港(ミネアポリス国際空港)へ・・・・。20:35(Central ST)発のBillings(モンタナ州)行き。
約3時間弱のFlightで、22:00(Mountain ST)に無事Billingへ到着。予約してあったレンタカーを借りて、この日はBillings市内のモーテル泊。Check Inを済ませて、近くで軽く夕食。

■1999/09/05(日)  一日目

Yellowstone Map
(Mapをクリックすると大きく表示します)


全体図は、こちらのMapを参照のこと。

場所は、ロッキー山脈の北部、モンタナ州とワイオミング州の州境付近です。
公園の総面積・・・四国の1/4程度の大きさ。
何しろ1つの県に相当する広さの国立公園。
広い・・・とてつもなく広い。
アメリカで最初の国立公園だそうで、道路や宿泊施設等を除けば、人間の手を一切加えていないのだそうだ。
1988 年に大火事(山火事)があって相当の面積が焼失したそうな・・・・。それでも、その後の植林等は行っていない・・・・のだそうだ(自然の蘇生力に任せている)。それらが一人前の大きさの木になるには・・・・・・あと数十年,、数百年と掛かるのだろう。その頃は我々は生きていないと考えると、途方も無い年月である。

モーテルのCheck Outを済ませ、一路Yellowstoneへ向けて出発。Freewayを走りぬけ、Monntana州からWyoming州へ入る峠道に差し掛かると、そこは「日光のいろは坂」を思わせるようなキツイ峠道。
真っ直ぐ行けば2時間程度の道程(100ml程度)なのだが、途中View Pointが多々あり、何度も車を停めた為に4時間強のロングドライブとなった。


ちなみに、ここらの標高は、約4000m。富士山の頂上よりも高い。
9月に入ったばかりだというのに、持参したフリースジャケットを着ずにはいられない。

これらは、州境の峠道で撮ったものです。まだYellowstone国立公園に入っていません。見渡す限り、人間の手の入ったものは・・・・皆無です。
万年雪がキレイでした・・・。

まだYellowstone国立公園に入っていません。これでも十分にキレイなのだけど・・・・・。

途中、多くの"隣接州以外のナンバー"の車を見かけた。レストエリアで「アメリカの各州のナンバープレートの写真を集めているのだけど、写真を撮らせてもらえますか?」と尋ねると、快くOKしてくれた。
その人らは、連休を利用し、家族でTEXASから車で来たらしい。「ホントに?」というと「そうさ」と言っていた。それにしても・・・・・・3000km近くあるぞ。
でも、TEXAS程度で驚いてはいけなかった。カナダ(それも東海岸のOntario州)や、FLORIDAから車で来ていた人も多く見かけた・・・・。FLORIDAからでも5000km以上あるのではないか??
それらを含めたライセンスプレートのコレクションはこちら。

ここからがやっと・・・・ Yellowstone国立公園です。


▲Map
全体図右上の"North east Entrance"から入った。

車一台で$20(1週間有効)。道は簡単に言えば一本道。そのまま反時計回りに3日間で周る予定・・・・。総走行距離は約400Ml(約650Km)・・・・。1つの国立公園を一周するだけと考えれば、途方もない広さでしょ?

▲North East Entrance

別ルートの、"North Entrance"には、凱旋門もどきのゲートがあるそうだが・・・・経路の関係で見ることはかなわなかった。

以後、Mapで場所を示しながら・・・・・写真を掲載していきます。


Entranceから入って、そのまま一本道を南下。
第一の目的地は、Roosevelt Lodge。


▲全体図

Slough Creek (Tower Roosevelt )

▲Roosevelt Lodge

ここで、遅目の昼食と給油。
駐車場には、WyomingやMontanaのみならず、Utahのナンバーが多かった。
中には、PennsylvaniaやFloridaも・・・・。
本当に走ってきたのだろうか???
だって、どう考えても3000km以上・・・・・Floridaなぞは、5000Kmはあるんじゃないか??
いくらLabor dayの連休だからといっても、にわかには信じられない・・・。

▲Tower Fall

Roosevelt Lodgeから西へ行く予定だったのだが、ちょっとだけ寄り道。滝の大きさは、上を走っているバスと対比して想像してください(このシャッターチャンスを狙うの・・・大変でした)

なお、ここから滝の下側(滝つぼ側)に下りていけるのだが・・・・・・軽い気持で下りていったら後から大変だった。詳細は後ほど・・。


▲Tower Fall

滝の下まで下りていった。歩道はそれなりに整備されているのだが、必要最低限・・・・とも言える。
丸太の階段や手すりがあって、足場が踏み固めれている程度。

で、さっきの話だが・・・・ここから上るのがそりゃもう大変。普通に歩いて行ったのだけども、上につくころにはゼーゼーと息が切れた・・・・。
まぁ普段の運動不足(&トシ?)のせいかもしれないが、Teenらしき子供たちも途中のベンチで休憩しながら登っていた・・・ので、あながち私だけの問題では無いと思う。

上に着く頃には、ノドはカラカラ、心臓はパクついているし・・・・。でもそこはちゃんと考えられていて、上には売店があって、アイスやジュースを売っている。
なんだか・・・。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*