© 1999 シンノスケ. All rights reserved.

Universal Studios Orlando

■1999年12月30日

New Years Vacationのため、Florida Orlandoへ。

"Orlando"の発音は、「ーランド」ではない。 その発音では全く通じない。
カタカナで表現するなら、「ォンドゥ」である。 "オ"は伸ばさず小さく、アクセントを置くのは"ラ"である。
スペルもよく間違っている人をよく見かけるが、「Orlando」である。 Orlandではない(最後のoが抜けている)。

まずは、「Universal Studios Orlando」から。


▲New Ark Airport

9:45のContinental便にてOrlandoへ・・・の予定。

ウチを早朝6時過ぎに出て空港に着いたのは8時過ぎ。チェックインを済ませフライト案内を見ると、大幅に遅れて11:30とか・・・。
仕方が無いので、軽く朝食をとりながら待つことにした。・・・ところが、9時頃何気なく案内を見ると、30分前までは「11:30」だったものが、「10:05」に変わっている。
「Delayed: 11:30」をそのまま信じていたら、危うくMissするところだった。
ともかく、何事も無く、搭乗できた。

そうそう、ちなみに、この便はFirst classだった。「Continental Vacation Plan」にて予約していたのだが、満席のために、その客から優先的にアップグレードしていた模様。
とは言っても、国内線に限っては、大きめの本皮シートなのと、食事(軽食)が違うだけ。
「天国」の国際線とは違う・・・・・。


約2時間半のフライトのあと、Orlandoへ到着。
レンタカーを予約してあったので、シャトルバス(無料)でAlamo rent a carへ。

「2ドア コンパクトカー」で予約してあったのだが、用意されていたのはシボレーのキャバリエ。ちなみに、キャンペーン中で、Web経由で予約すると20%offだった。$35/24時間で、保険はCDWが$15/24時間。この他にTax等で、48時間借りて約$110。
ちなみに、保険には最低限のCDW(レンタカー会社によってはLDWという)の他に、LISという「対人・対物補償額の追加」と、PAI/PECという「携
行品保険」がある。携行品に関しては、車内にモノを放置しない・・等、自分の意識次第では不要になるものだと思う。(個人的意見)


▲Universal Studios Orlando

Orlando空港から約30分。
予約してあったホテル(WDW入り口付近)にチェックインを済ませた。「さてどこに行こうか・・・・」と思案のすえ、時間(14:00頃)も時間なので、「WDWは明日にして、今日はユニバーサルスタジオへGo!」

ユニバーサルスタジオは、ホテル(Lake Buena Vista)から車で約15分の距離。


Universal Studios Orlando

LAのユニバーサルスタジオに行ったことは無いのだが、向こうもこんな感じなのだろうか?
聞くところによると、LAよりもFL(Florida)の方が大きい・・・そうなのだが。


Universal Studios Orlando 入り口Gate

このあとチケットを購入して、いざPark内へ。
そうそう、歩いている人を見ればわかると思うのだが、12/30だというのに半そで。
別にやせ我慢しているわけではなく、ホントに暑いぐらい。
この時の気温は、約70F(約20℃)だった。


▲Universal Studios Orlando

ゲートインし、しばらくPark内を探索。
MummyのアトラクションがOpenしたばかり・・・とのこと。
とりあえず、Park内のブラブラを続ける。


Universal Studios Orlando
Twister

どういった内容か・・・は、あえて説明しない。
実際に行ってみてください。

Universal Studios Orlando

Park内にあるマンハッタンのセット。
何の映画で使われたシーンか・・・はわからなかったが、NYCの景色を再現している。

後に見える摩天楼(シティーコープセンター等)は"絵"です。
とってもリアル・・・・。

Universal Studios Orlando

ご存知、Jaws。

記念撮影のメッカのようで、多くの人が
"Jawsに喰われて"記念撮影をしていた。

Universal Studios Orlando

Park内にある池。
全体の雰囲気がわかるかな・・。


▲JAWS

待っている間、このJAWSのセットの写真を撮ったら注意されてしまった。撮影するのは構わないのだが、フラッシュは禁止とのこと。

何故か・・・は、アトラクションの効果が薄れるから・・らしい。その効果とは、どういったものなのか・・・はヒミツ。行ってみればわかります。

Universal Studios Orlando
Back to the Future

知らない人はいない・・・と思う、ご存知、デロリアン。
ここのアトラクション、一番人気で混んでいるので待ち時間も長いのだが、必見。
待つだけの価値はある。
約1時間待ちだった。

Universal Studios Orlando

E.T.

E.T.のアトラクションに行こうとしたら、ちょうどその前でショーをやっていた。

クリスマスは過ぎているのだが、トナカイが・・・・。
そうそう、アメリカでは、クリスマスを過ぎた後でも、多くの場合ツリーやイルミネーションはそのまま残している。
12/25を過ぎると一気に門松等のお正月の飾り付けになる日本とは大違い。

アメリカでは、新年よりもクリスマスの方が大きなイベント。新年は、盛り上がるのは12/31と1/1だけなのだ。
感覚的には、日本のクリスマス&お正月とちょうど反対。

Universal Studios Orlando
E.T.

このあとどうなるのか・・・は見てのお楽しみ。ちなみに、ここ(アトラクション)は屋内です。

Universal Studios Orlando

とっぷりと日も暮れた。ここはPark内のDown Townとでも言えばいいのだろうか、食事のできるところが集まっているレストラン街です。

昼間は半袖(Tシャツ)で十分だったのに、夜になるとやはり"12月"ということを実感する。
半袖ではかなり肌寒い。

Universal Studios Orlando

ブルース・ブラザーズのソックリさん。

これはこれで、れっきとしたレギュラーのショーです。
それにしても似ている・・・・。
ま、体型さえ似ていれば、このカッコをすれば誰でも似てくるのだろうけど。



▲U
niversal Studios Orlando

さ、時間も遅い(22:00)し、そろそろホテルに戻ろう・・・。

早足ながら、全部ではないが、めぼしいところはほぼ廻ったし。

ちなみに、この時間でも、Park内はまだまだ賑わっている。

Universal Studios Orlando

ゲートを出て、一路駐車場へ。
途中、何軒かグッズ・ストアに立ち寄った。

さ、明日は、12/31の大晦日。
カウントダウンに備えて、今日は早く寝ようと思う。
スタジオから車で約10分。ホテルに戻って就寝・・・・。

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください